キャリアカウンセラーがあなたの転職を支援します

仕事をする目的は?

生活のため、家族のため、自己実現のため、やりがい、生きがいのため、仕事をする目的は十人十色、価値観は様々です。 よりよい人生を築くための要素の一つとしてよりよい仕事選び・方向性探しが大切ではないかと
私たちは考えます。

『キャリアカウンセリング』を行い、就職・転職支援をすることが目的です。
転職・就職を考えた時に、皆さんは何から始められるでしょうか? インターネットや求人誌をまず見て・・・という人が多いかと思います。 でも、膨大な情報から自分が進むべき方向を探し出すことは容易ではないでしょう。
自分はどんな仕事に向いているのか、
これからどんな方向にすすんでいけばいいのか・・・。

求人広告を出している企業も、人材を確保することに躍起になっているのが現状です。 平成初期のバブル崩壊“失われた10年の人員削減に伴う採用減を補うため、 さらに、今後深刻化する少子化に伴う人材確保難・・・。

中途採用においては、募集をするが求める人材を採用できない。 また、学生新卒採用においては、学生の取り合いや内定辞退など、計画通り十分な確保ができない。 これは多くの企業の実状でもあり、今後もこの傾向は続くでしょう。
しかし、企業もバブル崩壊の経験から、以前のような数合わせの採用はしない傾向にあり、リスクを回避しつつもコアとなる人材 をいかに確保するか、が企業の命題になりつつあります。 正社員登用はもちろんの事、派遣社員採用に関しても人材を厳しく選定しているのが現状です。

格差社会の中で

格差社会の中で 日本経済の成長はいざなき景気を超え、戦後最大の成長をしています。 しかし、我々の実感は薄く、楽観している人は少ないのではないでしょうか?
企業吸収合併、早期退職、成果主義、給与体系、年金などの社会保障・・・。
社会や企業に自分の身を委ねたり、悲観するのではなく、調和をしながらも自らの手で人生を切り開く考えが必要なのではないでしょうか。

仕事は重要ですが、人生の全てだとは思いません。人生に中で人それぞれ大切なものがあるでしょう。
しかし、自分自身がいきいきと、充実した仕事をすること (見つけること) は、有意義な人生をもたらす 要素のひとつであると私たちは確信しています。

我々は 『キャリアカウンセリング』 を通じ、共に自分が進むべき方向性を見つけ、就職・転職活動を支援します。
適性・適 職の発見など、課題・悩みの解決へと導きます。

仕事に関する悩みは、その人の価値観・人生観と深く関わっています。
キャリアカウンセラーの仕事は、適職の発見に止まらず、キャリアカウンセリングを通じて、クライアント (つまり、あなたのこと です) が自分自身と向き合い、自身の価値観・人生観を再発見し、 自己理解を深める方向へ導くという役割を担っています。
あなた自身が自らの価値を見出し、「やればできる」 という自信 を持って仕事に臨むまでの支援を行います。

個人と社会の間に立ち、仕事を中心とした人生をひとがいきいきと過ごせるようお手伝いするのが キャリアカウンセラーなのです。